年金住宅福祉協会 TOP  > 年金住宅融資をご利用の皆様へ > 繰上げ返済

年金住宅融資をご利用の皆様へ

年住協サポートサービスのご案内 詳しくはこちら

繰上げ返済

ご連絡先

企画管理課

住  所〒105-0003
東京都港区西新橋1-10-2
住友生命西新橋ビル2階
電話番号 03-3501-4761
受付時間9:00〜17:00【土日祝日・年末年始(12/29〜1/3)を除く】

ご注意

当協会をご利用のお客様の場合、

1. 返済金の口座引落日は、毎月12日(金融機関が休日の場合は翌営業日)です。

2. 融資物件に設定いただいている抵当権者は次のいずれかです。

・一般財団法人年金住宅福祉協会(財団法人年金住宅福祉協会)

・三井住友海上火災保険株式会社
(大正海上火災保険株式会社、三井海上火災保険株式会社)

・損害保険ジャパン日本興亜株式会社
(日本興亜損害保険株式会社、日本火災海上保険株式会社)

・一般社団法人日本労働者信用基金協会(社団法人 日本労働者信用基金協会)
(融資物件所在地が山梨県、奈良県の場合のみ)

上記に該当しない場合は、当協会以外の団体(協会)でのご利用となります。
当協会以外にも年金住宅融資を行っている団体(協会)が全国各地にございます。
お問い合わせの際は、お借入れ先から送付された書類等で団体(協会)を必ずご確認いただきますようお願いいたします。

このページの先頭に戻る

繰上げ完済

繰上げ完済には事務手数料が必要となります。

※平成27年4月完済より、事務手数料を引き下げました。

18,000円(消費税別)

1.

繰上げ完済を希望する月の前月末日までに電話で協会事務所にご連絡ください。

2.

協会より「繰上完済案内書」をお送りいたします。

3. (1)「繰上完済依頼書」(「繰上完済案内書」に同封されています)に必要事項をご記入のうえ実印を押印し、企画管理課にご提出ください。
(2)

完済金は完済月の14日(金融機関の休業日にあたる場合は前営業日)までに協会指定口座へお振込みください。完済金のめやすは、完済月の返済金額と残元金および事務手数料の合計金額です。

・実際の繰上完済金額は、協会よりお送りする「繰上完済案内書」でご確認ください。

4.

抵当権抹消書類は、原則として完済後に1週間程度で郵送によりご返却となります。
抵当権抹消登記を行う司法書士事務所の紹介をご希望される場合は、お申し出ください。

 

年住協サポートサービスのご案内

5.

完済後、精算剰余金等がある場合は原則完済月の翌月の10日頃にご返済口座へご送金します。

ご注意

・借換による完済は2週間前まで、売却による完済は3週間前までにご本人様より協会にご連絡ください。

・電話による繰上完済金額の照会は承っておりません。

・協会でご融資した住宅資金は、福祉医療機構からの転貸貸付のため、お客様から繰上げて完済していただいた金額を、協会より同機構へ償還して「完済」となります。従いまして、お客様より繰上げ完済していただく金額は、協会へお振込みされる日にかかわらず、残高に同機構償還日(毎月20日、金融機関の休業日にあたる場合は翌営業日)までの利息を加えた金額になります。

お手続きの流れ

完済のご連絡
期日:毎月月末まで
   借換による完済は2週間前までに、売却による完済は3週間前までに
   ご本人様よりご連絡ください。

協会へ、完済を希望する月の前月末日までお電話でご連絡ください。
協会から具体的な手続きをご案内します。

「繰上完済案内書」のご送付
振込用紙と繰上完済依頼書が同封されています。

ご案内する金額を協会指定口座へお振込みください。

「完済金」のお振込みと「繰上完済依頼書」のご提出
期日:毎月14日まで(金融機関休業日の場合は、前営業日)

 

抵当権抹消書類の受領
原則として郵送によるご返却となりますが、繰上げ完済のご連絡時にお申し出いただければ、当協会の事務所窓口で受領いただくこともできます。

精算剰余金がある場合は、「完済のお知らせ」でご案内します。
原則、完済月の翌月の10日頃にご返済口座へご送金します。

「完済のお知らせ」のご送付
毎月月末

繰上げ完済後の抵当権抹消書類の受領方法は下記のとおりです。

1.当日受領

完済金額お振込みの当日中に協会事務所(東京)の窓口にて抵当権抹消書類をお受け取りいただけます。ご利用希望の場合は、繰上げ完済のご連絡時にお申し出ください。

ご持参いただく書類

借入人本人が受領する場合

1.

完済金の振込金額領収書原本(振込金融機関の受領印があるもの)

※領収書の原本は、一旦お預りさせていただき、翌日以降に郵送にてご返却いたします。

2.

繰上完済依頼書

3.

実印

※お借入時との実印と相違する場合は、印鑑証明書1通(原本をご提出いただき、ご返却はできません。発行後3カ月以内のもの)

4.

本人確認書類

○借入人本人以外の方(代理人)が受領する場合

※次の点にご注意ください。
繰上完済依頼書に借入人本人の実印を押印ください。
繰上完済依頼書の代理受領委任状の欄に受領者をご指定ください。
借入人本人の印鑑証明書 1通をご用意ください。
(原本をご提出いただき、ご返却はできません。発行後3カ月以内のもの)

1.

振込金領収書原本(振込金融機関の受領印があるもの)

※領収書の原本は、一旦お預りさせていただき、翌日以降に郵送にてご返却いたします。

2.

繰上完済依頼書

3.

借入人本人の印鑑証明書 1通

4.

代理人の本人確認書類

5.

代理人の認印

ご注意

ご持参いただく書類に不足や不備がある場合、抵当権抹消書類をお渡しすることができません。

 

2.クイック郵送

完済金の振込確認と繰上完済依頼書のご提出確認後、1週間以内に抵当権抹消書類を書留でご返却します。
ご利用希望の場合は、繰上げ完済のご連絡時にお申し出ください。

※次の点にご注意ください。
繰上完済依頼書に借入人本人の実印を押印ください。

○借入人本人以外の方(代理人)が受領する場合

※次の点にご注意ください。
繰上完済依頼書に借入人本人の実印を押印ください。
繰上完済依頼書の代理受領委任状の欄に受領者をご指定ください。
借入人本人の印鑑証明書 1通を添付いただきます。
(原本をご提出いただき、ご返却はできません。発行後3カ月以内のもの)

ご注意

お送りいただく書類に不足や不備がある場合、抵当権抹消書類の発送が遅れることがあります。

 

3.抵当権抹消登記を行う司法書士事務所のご紹介

繰上げ完済後、融資物件に設定いただいている抵当権の抹消登記の手続きが必要となります。
抹消登記を行なわない場合、将来、物件の売却や建て替えや相続が発生した際にお手続きの支障となることがあります。
協会では、手続きに不安のある方が多いことから、確実に登記手続きを行う司法書士事務所を紹介しております。
お手続きにかかる費用は低めに設定され、また協会以外のローンのお手続きも一緒に行えますので、この機会に是非、協会がご紹介する司法書士事務所をご利用ください。(年協住サポートサービス)
ご利用にあたりましては、協会からお送りする繰上完済案内書に同封されている「年住協サポートサービスのご案内」をご覧いただき、お手続きください。

⇒年住協サポートサービスのご案内

このページの先頭に戻る

特別貸付分または一般貸付分のみの繰上げ完済

特別貸付分または一般貸付分のみの繰上げ完済には事務手数料が必要となります。

※平成27年4月完済より、事務手数料を引き下げました。

10,000円(消費税別)

手続き等は全額の繰上げ完済と同じです。

このページの先頭に戻る

一部繰上げ返済

受付は毎年2月と8月です。ご返済いただける金額は元金100万円以上となります。
一部繰上げ返済には事務手数料が必要となります。

※平成27年8月受付より、事務手数料を引き下げました。

10,000円(消費税別)

電話で協会にご連絡ください。
繰上げ返済金は3月14日または9月14日(金融機関の休業日にあたる場合は前営業日)までに協会指定口座へお振込みください。

このページの先頭に戻る
 
このページのトップへ